緑をテーマにした京都の楽しみ方

春の桜、秋の紅葉、京都の花とか植物と言えばこの2つに代表されるように華やかで賑やかなものが真っ先に浮かぶと思います。
しかし「緑」という点においても様々な楽しみ方もありまた、色的にも落ち着いたり目の保養にもなる色ですので、落ち着いた旅ができます。
それでは「3つの緑」を紹介していきます
1つ目は新緑スポット。大雑把に述べてしまえば秋の紅葉スポットは全て新緑も楽しめる、味わえるスポットになります。
ガイド本やネットでは紅葉の時のような派手な宣伝もされておらず情報量も多くありませんが、紅葉スポットを調べればそのまま参考にできますので。
何がいいかと言えば紅葉の時期のような大混雑もなく、季節的にも温かいのでゆったりとした気持ちで快適に散策出来る事です。
2つ目は苔を楽しめるお寺。京都には複数の苔を楽しめるお寺がありますし、また苔は涼しい所にありますので、
初夏から夏にかけては涼も兼ねて楽しむ事ができます。
3つ目は抹茶です。京都府南部はお茶畑が多数ありますので、お茶畑を見て楽しむ事も1つの方法ですし、
もちろん抹茶を飲んだり、抹茶を使った料理やスイーツを提供しているお店も抹茶処という事もあり多数ありますので、
好みのお店を見つけて舌でも抹茶を堪能して京都を楽しむ事ができます。